カテゴリー別アーカイブ: GKトレーニング

2023.1.30 新潟本校&2.2県央校スクールレポート

こんばんは!田村です!

GoProの調子が悪く映像がなかなか見れなくて今週は一つのスクールレポートにまとめました…

今回のトレーニングはジャンプキャッチの練習を行いました!

相手選手よりも手を使える分、高い所でボールにアタック出来るのですが、苦手な選手は多いはず…

何を隠そう田村コーチも苦手意識がありました!苦笑

でも日本のGKが苦手な理由は身長のせいではありません!

圧倒的に練習量が少ないからなのです!

チームでクロスやジャンプキャッチの練習を行なっていますか?

GK特有の技術だからこそ、GKスクールでは練習を行なっていきます!

プロ選手のようにカッコよく、高くジャンプしてキャッチしたい気持ちをグッと堪えて、まずは段階を踏んで技術習得を目指します!

1番高い所でキャッチ!

クロスボールなどでのジャンプキャッチは高い所でキャッチしなければいけません!

人間が1番高く触れる所は「頭の上で腕を伸ばした所」です!

しかしGKがここでキャッチしようとしても上手く取れません!

キャッチングポイントはここではないのです!キャッチする時にパワーが入るポイントや姿勢で取らなければポロポロこぼしてしまうでしょう…

正面のキャッチングと一緒で顔の前で取り、身体よりも前で触る事でキャッチングした時にパワーが入ります!

ボールを捉えるポイントが上になってしまうと身体が剃ってしまいパワーが入りません!

パワーが入るキャッチングポイントの中で1番高い所でキャッチングする事を意識しましょう!

落下地点を予測!

現代の子ども達は遊びの減少などにより運動能力の低下が問題視されていて、空間認知能力の低下もそのひとつです。

どこにボールが落ちてくるのか?どこのポイントで1番高くアタックできるのか?

これはトライ&エラーを繰り返しながら練習するしか身につかないでしょう!

どんどんチャレンジをして目を養っていきましょう!

ジャンプキャッチの大切なポイントはたくさんあります!

スクールでも練習を繰り返しながら伝えていきます!

詳しく知りたい方はスクールでお待ちしています!

体験お待ちしています😊

2023.1.16 新潟本校スクールレポート

こんばんは!田村です!

新潟本校でも2023始動しました!

今回は固いコートでの練習だった事もあり、最初に配球(ディストリビューション)のトレーニングから行いました!

ディストリビューション

今の子ども達は、遊びの場の減少やTVゲームの普及などの様々な問題により運動能力の低下が問題視されています…。

走る、蹴る、跳ぶなどの運動は鬼ごっこなどの遊びの中で養われる事が出来る能力ですが、ゴールキーパーだけが行うスローイング動作は練習しないと習得が出来ません。

以外と今の子ども達は投げれないんですよね…。

遠くに飛ばないだけでなく、強いボールが投げられない選手は多いですね…。

ゴールキーパーが使うスローイングの種類は主に3つ‼️

まずはオーバーアームスロー⚽️

身体全体を使って、より強く、より遠くに、より早くボールを投げることが出来ます!

次はアンダーアームスロー⚽️

下から転がして、近くの味方に確実にゴロのボールを投げる事が出来ます!

最後は、ベースボールスロー⚽️

回転をかけて投げる方法ですが肩や肘に負担をかけてしまう可能性もあるので多様禁止です!

狙ったところに真っ直ぐ投げるポイントを意識しながら投げる事で、最初はあっちこっち行っていたボールも、最後にはしっかりと相手のところにみんな投げていました!

スローイングのあとはキャッチングの練習も行いました!

YouTubeなどを見ていると低弾道パントキックなどを良く見る機会がありますが、キックやスローイングをするためにはキャッチングが出来ないとプレーをすることすらも出来ません…。

正しいキャッチングを身につけて、安定したキャッチングを出来るように目指しましょう!

蔑ろにされている基礎技術にこそ、キミの成長の鍵がある!